StrayCatsうちのにゃんず ここでできること。

ここでできること。

★ 被災動物の支援・救援にご協力をお願いします ★


  4/22 午前0時に原発20Km圏内が警戒区域に指定され、立入り禁止となると報道がありました。

 どうか、区域内に残されている動物達の救援・救助が出来るように 首相・環境省・原子力保安院・各マスコミ・メディアへ
 其々が思う所へ、嘆願のメール・ファックスを送って下さい!

 私は毎日、ツイッターで 被災した動物の情報を繋いでいます。 保護されたけど、飼主さんの分からない迷子の子、
 飼主さんが探している 行方不明の子、多くの動物救援、保護団体が活動してます、個人の方々も活動してます。
 現地へ行くことが出来ない私に、やれることは 保護情報、迷子情報、 不足物資(フード、キャリー、等様々)、寄付、
 ボランティア募集、といった情報を 広めて、支援や情報を得て、それを繋いでいく、ということです。
 被災動物の支援をしている人々は、 原発20Km圏内に取り残されたままの動物を見殺しにするのか!!と怒りの嵐です。
 今日、実行されなくとも、早急に原発20Km圏内の人・動物、生きているもの 救助するのが、国の役目ではないのでしょうか?

 動けないお年寄りや、口の聞けない、人に飼われていた動物達は自力では 出られません。
 そして そんな力は、既に残ってはいません

  現地は 食べ物もなく、飲む水もなく、、。地獄です。
 ある動物保護団体が被災者に依頼され、原発20Km圏内の家に置いてきた 数匹の猫を救助しに行ったところ、
 そこで起こっていたことはまさに地獄。。
 水もない、ゴハンもない、その室内で起きていたことは数匹の猫同士の共食いでした。

 私はその現場の写真を見ました。最初は飢えた犬か、何かに食べられたのかと思いました。
 しかし、、実際には窓ひとつ開いてない室内。 そう・・共食いが起き、すべての猫は死亡。余りに凄惨な状況です。

 肉食ですから、お腹減り、極限に達すれば弱いものから 狙われるのは宿命かもしれません。
 しかし、しかし、家族だったのです。  それなのに、そこまでに猫たちを追い詰めたのは人間です。
 閉じ込められた室内に置いて行かれた猫たちは、自分たちでは、 ゴハンも水も得ることは出来ません。
 飼主が悪いわけじゃありません。 すぐに戻れるとの指示を信じたに過ぎません。
   飼主さんは、この猫たちの死のことで 恐らくは長く、苦しむでしょう。。

 あまりに辛い現実です。保護団体の方も、飼主さんへどう伝えたらいいのか さぞ、辛かったことと思います。

    今、原発避難区域ではこうした現状が起きてます。

 もし、これをご覧になって、こうした惨状から動物達の命を助けたい、 なにか力になりたい!
  ・・そう思った方は、どうか 動いてください、力になってください。

  こうした状態を「可哀想だね、酷いね」と言っているだけでは なんにも変わりません。

    パソコンの目の前で、座っていても 出来ることがあります!!

    今 この瞬間に 出来ることは限られているけど 限られた中でも やるのと、
           やらないのでは 大きな違いです!!


【 原子力保安院・環境省・首相官邸宛 動物救援の嘆願メール送り先・嘆願内容 】今一番有効なのは福島知事と原子力保安院へのメールです!


※以下の嘆願メールの文面は下記を参考にされても構いませんし、 そのままコピーして頂いても構いません。
 **************************************************

※原子力保安院向け 20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。
圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。
動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を
続けられますようお取り計らい下さい。

2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。
遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。

https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html 原子力安全保安院

kouho@pref.fukushima.jp 福島県知事宛
 上記は、それぞれ『犬猫救済の輪』『横浜アニマルファミリー』の両団体に
掲載されている内容を転載し、活用させていただいています

**************************************************

下記に、各メディアの連絡先・HPなどを掲載しています。クリックすると各サイトが開きますので 個々が、訴えたい 伝えたいメディアへ嘆願メールやファックスなどを送って下さいますようお願いします。

【各TV番組】
 ・朝ズバッ!、・Nスタ、・NEWS23

 ・報道特集 メール houtoku@best.tbs.co.jp 、・とくダネ!


【各ラジオ局】
 「週刊朝日」など朝日新聞出版問い合わせ先「サンデー毎日」など毎日新聞社

 「週刊新潮」など新潮社「週刊現代」 メール:wgendai@kodansha.co.jp 、

 「週刊大衆」など双葉社の書物は雑誌に問い合わせ先を掲載「文藝春秋」

 「ニューズウィーク日本版」「週刊実話」


  上記記載内容については、各自が自己責任の上で嘆願メール、ファックス、その他 様々な方法での救援活動をして下さいますよう、お願い致します。

上記、Love&Light http://lovelight.us/animal-help.html から転載させていただいています。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

Nスタが今日夕方放送します。
Nスタ
2011年4月22日(金) 16時53分~19時00分

動け~~~民衆!

No title

お花の先生のご主人が公明党の市議会議員なので、知り合いの国会議員の方に福島原発の立入禁止区内の現状を伝え、救済のための嘆願を伝えていただけるようにメールしてみました。
叶うかどうか判りませんが、何もしないよりは…と。

No title

Nスタ 見れませんでしたぁ~・・・・残念。
見たらまたまた冷静でいられず興奮状態だったんだろうな、きっと。

■フリーペーパーです■

ペットショップにいくまえに:とりごえまり

【プロフィール】

ゆりっち

Author:ゆりっち
愛猫「ちったん」に導かれ、猫が幸せな世界=人間の幸せな世界!をモットーに暮らしています♪

■うちの子たち■
★ちったん★(?~2008)
我輩は2003年秋、放浪猫をやめてここを住処に決めたのだ。エイズキャリアだった。2008年9月口腔内扁平上皮癌で虹の橋へ。みんなを守っているから安心してくれ。
★うしちゃん★(2005~2005)
しろこ母さんの息子。2005年白血病で瀕死で保護され2週間で虹の橋へ。少しの間だったけどうれしかったよ。
★しろこ★(2001~2008)
ちったんの娘。2008年2月おうちに入ったのよ。白血病が発症して6月に虹の橋へ。ちったん父さんと一緒で幸せだったわ。
☆ジャック☆(2005?~)
僕は2006年夏、怪我で保護された。エイズキャリアだけど、白血病は陰転したんだよ。元気だよ!ちったんのかわりに、みんな僕が面倒みてやるよ!
☆ロッシ☆(2007?~)
僕は2008年秋、ここに逃げ込んできたんだ。ほんとの母さんが見つからなくてそのままここで暮らしてるんだ。健康でマイペースさ!
★ベロちゃん★(?~2012)
2008年冬、エイズ・白血病キャリアで風邪ひきで瀕死のところを保護されたのよ。奇跡の復活で4年!腎不全で虹の橋をわたったのよ。幸せな4年だったよ。
☆しゅわちゃん☆(2009~)
2009年7月、どうしてもこの家に入りたくて玄関から飛び込んだんだ!健康なわんぱく小僧だよ!
★だいじろう★(2010~2014)
2010年11月、しゅわちゃんと遊びたくていついちゃった。里親会にも参加経験ありだけど、やっぱりこの家の子にしてもらったんだよ!母子感染のエイズキャリアだったけど、3年とちょっと元気に過ごせたんだよ。脾臓とリンパに癌ができちゃった。最期までいっぱいご飯を食べたんだよ。みんなと待ってるからゆっくり会いにきてね。
☆バウちゃん☆(2013~)
2015年6月、一年間お庭で暮らしていたんだけど、やっとみんなの仲間になったのよ!家の中には去年保護してもらった息子のしまちゃん・娘のまろちゃんがいるから、一緒に遊べて嬉しいわ。
☆しまちゃん☆(2014/4~)
2014年6月に3兄弟で保護されたんだよ。はっちゃんは10月に素敵な里親さんのおうちに行ったんだ。僕はまるちゃんとここに残ることにしたよ!
☆まるちゃん☆(2014/4~)
2014年6月に3兄弟で保護されたのよ。いつまでたっても人が怖くて、里親さんは見つからなかったのよね~でもバウ母さんとしまちゃんとここにいることになって一安心よ!

【里親募集!がんばってるサイト】
banner

banner

犬猫と共に歩く~森の小径~banner

いつでも里親募集中

banner

banner

banner

banner banner

banner

banner

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
ペットショップ 殺処分

東北地震犬猫レスキュー.com

福島の猫にシェルターを

最新記事
最新コメント
Twitter
■猫を飼うときの参考に■
とても詳しくわかりやすく猫について書かれてあります。
勉強になります!
banner
リンク
カテゴリ
■ちったん&しろこ フォトバック■
運命の猫
■メールはこちらへ■